返済 注意ポイント

返済するときに注意するポイント

スカートの女性

無事にお金を借りられるとホッとしてしまって返すことを忘れてしまうことがあります。
忘れないにしても返済日の直前に気付いて焦った経験は誰にでもあると思います。
また、毎月ちゃんと返しているのになかなか完済できないで困っているという人も結構多いです。

 

いくつかのポイントを知っておくとそんな状況を防ぐことができます。

 

いちばんは「早く返す」こと

 

よくホームページなどで見かける、10万円を30日間借りた場合(金利18%)の利息は約1500円という言葉。
意外に利息が安いのね〜なんて思います。
しかし、返済に2年かかったときの利息は約3万6000円です。
返済期間が短ければ利息は少なくてすみますが、長くなればなるほど膨らんでいきます。

 

リボ払いは要注意

 

リボルビング払いはカードローンの支払いで一般的な方式です。
毎月の支払額を抑えられるので負担が軽いメリットがありますが、支払期間が長期化しがちなことも忘れてはいけません
また、借金をしているという意識が薄れがちになるといわれています。

 

何度も言うようですが、支払期間が長いと総支払額が増えます。
月々の支払額を低くし過ぎないようにし、余裕があるときには追加返済することも大切です。

 

延滞は絶対にしない

 

支払いが遅れると遅延損害金という迷惑料を支払うことになります。
遅延損害金の利率は通常の金利よりも高く設定されていることがほとんどです。
うっかり忘れていたなんていう理由で、利息に加えて遅延損害金まで支払うのは避けたいですね。

 

うっかりをなくすために、自分なりに管理できる一覧表をつくってみてはどうでしょうか。返済意識も高まります。
めんどくさいことはどうも・・・という人は返済期日をお知らせしてくれるメールサービスを利用するといいですね。

 

忘れないためには口座振替も

 

支払いに自動で引き落としてくれる口座振替を利用するのもひとつの手です。
これなら絶対大丈夫といいたいところですが、口座残高が足りないと返すまで延滞損害金が発生てしまいますので気をつけましょう。

 


このページの先頭へ戻る