カードローン 種類 しくみ

カードローンの種類としくみ

金融機関が発行するカードを使って、あらかじめ契約した利用限度額の範囲内で借り入れができるローンをカードローンといいます。

◆◆カードローンの種類◆◆

 

カードローンは、扱っている会社によっていくつかの種類に分けることができます。

 

<銀行系カードローン>

銀行が行っているカードローンのサービスです。
審査が厳しいといわれていますが、金利が低かったり、専業主婦でも申し込みができるというメリットもあります。
また、貸金業法の総量制限の対象外ですので年収の3分の1より多くの金額を借りることも可能です。
すでにキャッシュカードを持っている人は、そのカードで利用でき、持っていない人は専用のカードが郵送されます。

代表例
みずほ銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
新生銀行カードローンレイク

<信販系カードローン>

信販会社が発行しているクレジットカードに付随するカードローンです。
銀行に比べると審査が比較的緩いといわれています。
すでにクレジットカードを持っている人は、そのカードで利用することができて便利ですが、金利の幅が広く設定されていて、高い場合は長期間の借り入れには向いていません。

代表例
セゾン
オリコ
セディナ

<消費者金融カードローン>

テレビCMなどでもよく見かけるいわゆる消費者金融のカードローンです。
審査が通りやすく、短時間で融資を受けられるので、早くお金を借りたいという人には便利です。
ただし他の会社に比べると金利が高めなので、計画的に返済できることが前提ですね。

代表例
アコム
プロミス
アイフル

 

◆◆カードローンのしくみ◆◆

女子

カードローンは、基本的に「無担保」「無保証人」です。

 

申し込みの際には、金融機関による審査があります。
年齢、職業、年収といった申告内容の他に、信用情報機関を通して過去から現在までの借り入れ状況も考慮されます。

無担保とはいいましたが、ひとの信用を担保にしているともいえますね。

 

保証人についても、利用者が保証人をたてる必要はありませんが、保証会社の保証が必要になります。
そのため、申し込みの際に、金融機関の審査に加えて、保証会社も審査を行います。
金融機関の審査に通っても保証会社の審査に通らなければ借り入れすることはできません。

 

万が一、お金を返せなくなったときには、保証会社が利用者の代わりに金融機関へお金を返し、その後の支払いは保証会社との間でのやりとりとなります。
どの会社を保証会社としているかは、カードローンによって違います。
例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社はアコムですので、返済できなくなった場合は、アコムが代わりに返済をして、以降はアコムとの取引きとなります。


このページの先頭へ戻る